東池袋自動車暴走死亡事故について

高齢な方の運転ミスにより、とても悲しい事故につながってしまったケースをご紹介します。

弊社サービスは、全ての高齢者に対し運手免許の自主返納を促しているわけではありません。あくまでもご本人が希望されている場合やご家族が希望されている場合にのみ促しております。ご本人の意見を尊重しておりますのでご了承ください。
※外部サイトの記事を引用している場合、リンクが切れてしまっている場合もございますのでご了承ください。

目次

東池袋自動車暴走死亡事故とは

とても悲しい事故です

2019年4月19日、東京都豊島区東池袋四丁目で発生した交通事故(自動車暴走死傷事故)です。詳細は下記のwikipediaでもご確認いただけます。

事故を起こした当事者

当時87歳というご高齢でした

年齢だけで、判断する事ではありません。しかし、87歳というご高齢な状況を考えると運転は卒業するという事も一つの選択肢であったかと思います。

「上級国民」バッシング

当事者の氏名や経歴等が明らかになるにつれ、「上級国民」バッシングが起こりました。下記は東京新聞の記事となります。

裁判の進捗

否認

刑事裁判の初公判は2020年(令和2年)10月8日10時から[60]、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれ[61]、被告人として出廷した飯塚は「心からおわび申し上げる」と謝罪した一方、「ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み続けた」とする起訴内容については「記憶にない」と否認し、「車に何らかの異常が起きたと思う」と主張した[5]。また、飯塚の弁護人も同様に「(飯塚が)アクセルペダルを踏み続けたことはなく、車の制御システムに何らかの突発的な異常が生じた可能性がある」として無罪を主張した[5]。一方、検察官は冒頭陳述で「飯塚は2008年(平成20年)に事故車両を新車購入したが、事故直前(2019年3月)の点検でもアクセルなどに異常は確認されておらず、事故当日の記録にも異常が起きた記録・ブレーキペダルを踏み込んだ記録はない」などと指摘し[62]、車に異常はなかったとする証拠を複数点にわたり提示した[63]

東池袋自動車暴走死傷事故 – Wikipedia

判決

禁錮5年

2021年9月2日、東京地裁刑事第17部(下津健司裁判長)は被告人・飯塚幸三に対し、禁錮5年の実刑判決を言い渡しました。

被告人・検察官とも控訴せず判決が確定

双方控訴せずに、禁固5年の判決が確定しました。その後、被告人は東京拘置所へ習慣されました。

今もなお続く遺族の悲しみ

家族を奪われた遺族の悲しみは今もなお続いています。この様な悲劇は二度と起こすべきではありません。

まとめ

事故はほんの一瞬です。しかし、苦しみは一生続きます。「何か」が起きてしまう前に、手遅れとなる前に今から免許の自主返納を検討してみませんか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる